プリンターのインクは高いと思っている人が多く存在します。メーカーのビジネスモデルが本体は高機能であるにもかかわらず安く、消耗品である純正品のインクを多く購入することで利益を上げるというビジネスモデルが今まで成立してきたからと言われています。しかしながら、最近は純正品以外の安い商品が複数のメーカーから発売されるようになり、広く一般にも知られるようになりました。印刷結果も純正品と遜色のない仕上がりをアピールしています。その商品にはある傾向と特徴があることはあまり知られていません。プリンターの高機能化と純正品以外の安いインクの組み合わせが印刷結果にどのような影響を与えるかも考え、今後の傾向なども予想し、本体の新規購入、買い換えなどの際の需要にも応える組み合わせを導きます。

本体はモデルチェンジをしても消耗品は同じものを使用

プリンターメーカーは法人向け、個人向け2種類の製品を製造、販売することで幅広い需要に応えています。さらに個人向けには個人事業主、自宅で副業として行っている人向けに1年間の印刷枚数の多い人、自宅では主に写真印刷、年賀状印刷など印刷枚数の多くない人もかなり多く存在します。毎年8月~10月にかけて、各メーカーは新製品をかならず発表し年賀状需要に応えています。この際に気をつけてみてもらいたいのが消耗品の項目です。モデルチェンジをする前の機種、つまり現行モデルと同じであれば、安い消耗品が存在します。そして複数の純正品以外の商品は染料系といわれている種類であることも大きな特徴です。染料系は印刷したときに発色がいいため、多くのメーカーが採用しています。染料系は水に弱いため宛名印刷には向いていないため、黒のみ水に強い顔料系を採用している機種も存在します。

印刷結果の満足度は個人差が大きい

安いインクを使用して印刷することが印刷結果にどのような影響を与えているかについては、満足度の個人差が大きく、自分の目で確かめてもらう必要があります。写真印刷の場合は、印刷する用紙に対応しているか、印刷時に用紙の設定、画質の設定も仕上がり具合を想定して行っているかどうかで結果が変わってくるからです。本体と消耗品の両方で純正品を使用して欲しいメーカー側の思惑は近年、新しいタイプの本体を発表するようになりました。カートリッジタイプではなく、ボトルタイプの消耗品です。一度補充すると約1年間、または5000枚、1万枚などランニングコストを重要視し、消耗品の購入回数を減らしお得感をアピールしています。ランニングコストの安さを重視することで消耗品を選ぶのが今後のあり方、選び方です。