プリンターを使う時にはインクがないと印刷できませんので、必要に応じて購入して準備します。けれども、純正となると高いですから、安いものを見かけたらついそちらを購入する方もいるでしょう。どう違うのかと悩む事もあるかもしれませんが、やはり安価な分だけ純正より購入しやすいのが最大のメリットとなります。デメリットとなると、純正ではないためメーカー保障がないことと、印刷品質が多少劣ってしまうという事が挙げられます。実際に印刷してみると分かりますが、純正だと本来のモニタで見ている色での印刷がより再現しやすいですが、それ以外の安価ものだと色がくすんだりにじんだりしてしまいやすいのです。けれども、やはり安価なので普段の雑多な事に使う分にはこちらでもいいと言えるでしょう。

安かろう悪かろうではなくなってきている

以前はそれこそプリンターのインクは純正しかなかったのですが、今は安い値段で手に入る互換タイプやリサイクルタイプも多く出回っています。どちらがいいのかは、それぞれのメリットやデメリットを考えながら選ぶことになりますが、以前より安価なものでも製作をする側の努力で段々と印刷品質も向上していますし、トラブルも少なくなるように工夫を重ねています。安く手に入れられるということは、それだけ印刷そのものを気軽に行えるという利点があります。高いと恐る恐る印刷するので中々使うこともなかったりするので、安価なものであればどんどん普段のちょっとしたことでも印刷が苦にならなくなります。ヘッドクリーニングも気軽にできるので、普段利用する分にはとてもコストパフォーマンスがよくなっています。

使う時にはどのように注意するのか

純正だと5~6000円していても、安いプリンターインクであれば1~2000円ぐらいで手に入ります。値段だけ見ていると思わず安くなる方に飛びつきたくなるのですが、幾つか注意点もあります。安く作っているメーカーの方にもいろいろありますので、高品質にできるものもあれば印刷した時に想像しているような仕上がりから遠くなるような事もあります。購入前には印刷サンプルなども見ておいて、どのように違ってくるのかも見ておくと良いでしょう。カートリッジもオリジナルのため、純正より用量が多くなっている事もあるのでチェックしてみましょう。安くたくさん使えるというのが最大の良さですが、販売メーカーによっても品質が異なるのが現状なので、幾つか試しに使ってみて長く使えるものを探すのもおすすめです。